ホームボタンイラスト

​足底腱膜炎

足底腱膜炎とは?

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、かかとの骨から足の指の付け根にかけて伸びている組織(足底腱膜)が炎症を起こし、痛みなどが出る症状です。足底筋膜炎と呼ばれることもあります。

足底腱膜は足の土踏まずを支えており、歩行やランニングによる衝撃を吸収する役割があります。

そのため、足底腱膜の働きが悪くなると、足を地面に着地するときの衝撃吸収や蹴り出す力のバランスが崩れて、走りににくさや歩きにくさを感じます。

足底腱膜炎の症状

​☑ 起床時の最初の一歩で踵に強い痛みがでる

☑ 朝痛いが、動いていると徐々に軽減してくる

☑ 急に歩きだすと痛む

​☑ 運動後に痛む

​☑ 階段・つま先立ちなどをすると痛い

足底腱膜炎では踵内側の痛みが発症しやすいです

足底腱膜炎の原因

スポーツによる使いすぎを始め、長時間の歩行や立ち仕事、不適切なシューズの使用、硬い路面でのトレーニング、足の筋力不足や柔軟性の低下、足の変形(扁平足や外反母趾)、加齢などが原因として考えられます。

足底腱膜炎の治療法

□保存療法

足底腱膜へのストレスを軽減するためには、足底腱膜自体の柔軟性を保つことが重要です。

足裏やふくらはぎをマッサージ・ストレッチすることで足底腱膜の柔軟性を高めることができます。

ただし、痛みのある踵の部分はマッサージしないようにしましょう。

症状の状態に応じてテーピングやインソールを使用することで痛みの軽減を図ることができます。

足の問題だけではなく、全身的な歩行姿勢を評価し課題である筋肉の弱さや柔軟性の低下している部位を明らかにしアプローチしていきます。​

□その他

痛みが強い場合には、整形外科で内服や湿布、注射療法などが必要な場合があります。

また、整骨院での施術やさまざまな治療を行っても痛みが残る場合には手術療法という方法があります。しかし、成功率についてはそれほど高くないという報告もあり、確実に痛みが取れるわけではありません。