ホームボタンイラスト

腰椎分離症

腰椎分離症とは?

腰椎分離症(ようついぶんりしょう)とは発育期に発症する腰椎(腰の骨)の疲労骨折です。

ほとんどが発育期に発症し、発育期腰痛症の主要な原因とされています。

日本人2000例を対象にした調査では、そのうち男性7.9%、女性3.9%に発生していたと報告されています。

​その病期に応じて、初期・進行期・終末期に分類されます。

腰椎分離症の症状

​☑ 運動時の腰痛

☑ 特に反ったり、ひねったりすると痛む

☑ 症状がひどいと日常生活でも痛みが生じる

​☑ ケースによってはしびれなどを伴う場合もある

腰椎分離症の痛みで腰を擦る女性写真

腰椎分離症の原因

発生メカニズムとしては、腰の伸展(反る)動作やひねる動作が疲労骨折発生に重要な運動方向であることがわかっています。

​また、諸家の報告では家族内発生例が多く報告されており、常染色体優性遺伝を提唱する報告もあります。

腰椎分離症の治療法

病期が進行していない程、疲労骨折した部位の癒合に期待できるため早期診断が重要です。

診断には整形外科で行われるMRIが有用です。

当院に受診された方で整形外科の受診が望ましい場合には、適切に受診までサポートさせて頂きますのでご安心ください。

治療としては、患部である腰を安定させるために腰のコルセットを装用します。

初期の腰椎分離症では3ヶ月の安静で癒合の可能性が高いとされています。

終末期に向かうほど癒合の可能性が低くなります。

疲労骨折が修復したとしても、腰椎分離症を発症した一因となっている柔軟性や筋力の低下、不良動作を改善しないと再発のリスクがあります。

ある調査によると骨癒合後に26.1%の症例で再発したと報告されています。

こやま整骨院では、再発予防にむけて身体機能改善のためのストレッチやトレーニングのやり方をご提案可能です。

腰のコルセットで安静している期間に上記を実施することで早期復帰を目指します。

​簡単!腰痛体操①もも裏ストレッチ

※必ずしも全員に効果を保証するものではありません。痛みのないようにお試しください。

​簡単!腰痛体操②腰ストレッチ

※必ずしも全員に効果を保証するものではありません。痛みのないようにお試しください。