肩関節に対する施術の紹介

この度は、長野市こやま整骨院のページをご覧頂きありがとうございます。


当院では、肩関節の専門医やリハビリスタッフが全国から集まる日本肩関節学会への参加歴もあるスタッフが肩関節の施術を行っています。

どのような疾患に対して、どのような施術をしているのかご紹介していきます。


長野市こやま整骨院における肩関節痛の施術イメージ

よくある症状は以下のようなものです。


・肩を動かすと痛い

・夜中に痛みで起きてしまう

・寝返りすると痛い

・肩の動かせる範囲が狭くなっている

・肩関節術後で固くなってしまった

・肩関節が抜けるような感じがする

・肩の力が入らない

・スポーツ動作時に痛い

などなど




このような症状に対して以下のように施術を行っています。


【炎症期】

炎症期とは夜中に痛みで起きてしまう、じっとしていても痛いというような時期です。

例えば、擦り傷を作ったばかりで出血もしていてズキズキと痛い時をイメージすると良いでしょうか。


このような時期には、無理に肩関節を動かすのではなく炎症を抑えるのが第一目的になります。そのため、夜間に痛みがでないような就寝方法や、余計な痛みを抑えるようにアイシングなどを実施します。

また、痛みにより過度に肩関節周囲の筋緊張が高まりやすいため、マイルドにマッサージやストレッチ、電気治療などを行います。




【拘縮期】

擦り傷が治って「かさぶた」ができた状態または皮膚が強張っている状態をイメージしていただくと良いです。

肩関節の場合も同様で炎症期が過ぎたあとには、肩関節の動かせる範囲が狭くなり、固くなることがあります。


このような時期には、段階的に動きを広げるようにストレッチや、落ちた筋肉を戻すようにトレーニングを実施していきます。

無理に動かすことは炎症をぶり返す可能性があるので、あくまで痛みのきつくない範囲で行うのが良いです。




【寛解期】

制限のあった動きや弱った筋力がさらに改善してくる時期です。

一般的に、四十肩・五十肩は時期が過ぎれば良くなるということは聞いたこともあるのではないでしょうか?

しかし、完全にもとに戻るということはなく、数年してもいくらかの動きの制限が残存するとされています。


動きの制限をできるだけ残さないようにするためにも、肩の痛みに気づいたら早めに医療機関や整骨院などに受診するのがよいのかもしれません。



長野市こやま整骨院における肩関節痛の施術イメージ


上記が一般的にも行われている施術内容です。

しかし、施術所によっては状態に応じた施術が行われずにかえって肩の痛みが悪化してしまったり、より必要な治療期間が長引いてしまったりすることもあります。

これは状態の評価が十分に行われずに施術が実施される場合に起こりやすいです。



当院では、肩関節を専門に研鑽してきたスタッフによる施術が受けられます。

肩関節の痛みでお困りの方はお気軽にご相談ください。


 

長野県長野市南長池761-5

こやま整骨院・整体院



〈このような方におすすめの治療院です〉

・整形外科でお薬だけ出されて治らない方

・整骨院で電気治療しか受けていない方

・マッサージや整体で一時的によくなるも、症状を繰り返している方

・3時間待ちの5分診察で満足出来ていない方


などなど

お身体の不調でお悩みの方はお気軽にご相談ください








閲覧数:3回

最新記事

すべて表示