整体院と整骨院の違い

更新日:4月4日

整体院と整骨院(接骨院)の違いってご存知でしょうか?





整体院とは、字の通りで様々な手技手法を用いて体を整えてくれる場所をいいます。

手法にはストレッチやマッサージ、カイロプラティックなどがあります。


整体院の特徴としては、施術するスタッフが民間資格しか取得していない、または無資格ということがあります。そのため、身体や医科学的な知識に乏しい整体院も残念ながらあります。

(※尚、必ずも全ての整体院のスタッフが民間資格または無資格ということはありません。柔道整復師や理学療法士といった国家資格を有しているスタッフが整体院を開設している場合もあります。)


また、整体院の施術はすべて自費になります。

健康保険は使用できません。






一方で、整骨院(接骨院)というのは医療系国家資格である柔道整復師を取得しているスタッフが保健所の認可を受けて開設している施術所です。

法律により、「骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(つまりケガ)」に対してのみ保険の適用が認められています。


ここで注意が必要なこととして、肩こり・腰痛などの慢性的な症状に対して保険を用いて施術を行うことは法律で認められていないというところです。

そして、整形外科とは異なりレントゲンやお薬を処方することなどは認められていません。






整体院と整骨院には上記のような資格や許認可の有無、保険制度の利用可否などの点で異なります。

とはいえ、「整体院だから避けたほうが良い」「国家資格を持っていないから避けたほうが良い」ということはありません。国家資格を持っていなくても遥かにすばらしい技術や経験をお持ちの先生もいらっしゃいますし、その逆で国家資格を有していても慰安目的のマッサージや電気治療しか行わない整骨院(接骨院)もあります。



腰痛、仙腸関節炎に対する長野市こやま整骨院・整体院の施術風景イメージ


どこに受診するかどうかを「近さや安さ」などで選ばれることが多いというデータもありますが、自身の大切な体を預けるのですから、利用する際にはきちんと「治してくれる場所」なのかどうか慎重にご判断頂くのが良いと思います。




 


長野県長野市南長池761-5

こやま整骨院・整体院

閲覧数:14回