手術は回避できる?!

更新日:2021年10月29日

長野市こやま整骨院・整体院の記事をご覧頂きまして誠にありがとうございます。


こちらの記事をご覧の方は、いずれかの疾患をかかえていて、整形外科で「手術が必要」と言われた方が多いのではないでしょうか?




結論から申し上げると、「整形外科疾患で必ずしも手術をしないといけない疾患は多くないです。」


ストレッチャーを押して廊下を移動する医師と看護師

といいますのも、腰痛や首肩の痛み、変形性股関節症、変形性膝関節症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、テニス肘、ばね指、腱鞘炎などがみなさんでも聞いたことがあるような疾患だと思いますが、そのほとんどがお薬だけではなくリハビリを併用することで症状軽減の効果が高まります。



とはいえ、整形外科からお薬だけ処方されて困っている方が本当に多いんです。

そして、そういった方の大部分がストレッチやトレーニングを実施するだけで症状が軽減して驚かれることがあります。




誤解のないようにしたいのですが、手術はものすごく優秀な治療法ですし、科学的根拠も多く存在します。

手術によって数多くの方が救われるのも拝見してきました。


腰痛に対する長野市こやま整骨院・整体院の施術風景


脈絡のない文章になってしまいましたがまとめますと・・・

手術の適応をしっかりと見極めて、そして患者さんが納得した上で実施されるものでしたら何ら問題ありません。


もし、手術以外で何か方法はないか?お薬だけ処方されて、安静にとは言われたもののどうすればいいのか悩んでいる方はリハビリのプロに一度相談してみるのもひとつの方法かと思います。




長野市こやま整骨院・整体院では整形外科勤務10年の経験を活かした専門的なリハビリが受けられます。

お気軽にご相談ください。



 

長野県長野市南長池761-5

こやま整骨院・整体院

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示