冷やす?温める?

更新日:2021年11月15日

「腰痛は冷やしたほうがいいの?温めたほうがいいの?」

よくお問い合わせをいただくこの質問にお答えしたいと思います。


腰痛の部位を女性スタッフに指し示す男性写真

結論としては、どちらも正解です。


というのも、急性腰痛に対して冷やした場合と温めた場合の除痛効果を比較した研究によると同等の効果が得られたという結果が出ています。

つまり、一度試してみて調子の良い方を実施していただくのが良いです。



補足をしますと、慢性的に筋肉のハリ感が強く、重だるいような腰痛がある場合には、こわばった筋肉の血流をよくするように温めてあげることで症状が軽減するケースが多いです。

血流を良くするためには、入浴やストレッチ、マッサージなどがあります。




一方で、足首の捻挫や足の肉離れなどのように急性外傷によって痛みが出ている場合には冷やしてあげることでその痛みを軽減する効果があります。

同様に腰の場合にも、急激に発症した場合には冷やすのが良いのかもしれませんが、炎症の起きている部分が身体の深い位置にあると効果に乏しいでしょうし、また腰を冷やしてしまうことで内臓まで冷えてしまいかえって身体の調子が悪くなってしまう場合があります。このような理由からあまり腰痛に対して冷やすという行為は一般的には行われることが少ないです。



尚、湿布の中にはヒンヤリするタイプのものがあります。

温めたほうが具合いいのに、湿布で冷やしていいのでしょうか?と聞かれることもありますが、これは両方同時に実施していても問題ありません。

湿布にはメントール成分が入っているため清涼感があるのですが、これにはアイシングのように冷やす効果はないためです。

いずれも効果があるようでしたら両方実施して差し支えありません。



身体の知識を身につけて、よりよい生活を手にいれましょう!


#腰痛

#長野市整骨院

#長野市整体

 

長野県長野市南長池761-5

こやま整骨院・整体院

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示