スポーツ障害に対する施術の紹介

この度は、長野市こやま整骨院のページをご覧頂きありがとうございます。



スポーツ障害の代表的なものとして下記のようなものがあります。


首:頚椎椎間板ヘルニア、頚椎捻挫

肩:肩関節脱臼、肩関節不安定症、肩関節唇損傷、野球肩、上腕骨近位骨端線損傷

肘:野球肘(靭帯断裂、上腕骨小頭離断性骨軟骨炎)

手:TFCC損傷、靭帯損傷

腰:腰椎分離症

股関節:股関節唇損傷

膝:オスグッド・シュラッター病、ジャンパー膝、半月板損傷、靭帯損傷(前十字靭帯損傷など)、反復性膝蓋骨脱臼、腸脛靭帯炎、肉離れ

下腿:シンスプリント、下腿疲労骨折、アキレス腱炎、アキレス腱断裂、肉離れ

足:足関節捻挫(靭帯損傷)、有痛性外脛骨、三角骨障害、扁平足障害、足底腱膜炎


などなど



長野市こやま整骨院では、長年のスポーツ整形外科勤務の経験を活かしてスポーツ障害の予防と治療を提供しております。

今回のページでは長野市こやま整骨院においてスポーツ障害に対する施術がどのように行われているのかをご紹介していきます。



長野市こやま整骨院ではスポーツ障害に対する施術も行っています


当院にてスポーツ障害に対する施術を行う際には、「復帰目標の確認」を大切にしております。


「いついつの大会やレースにどうしても参加したい。」

「無理をしてでも何とか出場したい。」

という目標。


「症状を繰り返しているから今後のためにも何としても繰り返したくない。」

「大会予定はないため治療優先で安全に進めたい」

こういった目標もあります。



それぞれの競技や置かれている状況などを含めて復帰プランを作成することが何より大切だと考えています。

もちろん、身体の状態によっては希望通りに進められないことや、当院での施術内容では限界がある場合には信頼のおける整形外科やその他医療機関のお力も借りながら目標達成を目指していきます。



長野市こやま整骨院はスポーツ障害に対する施術を得意としております



次に、スポーツ障害に対しては痛みがどのような状態にあるかが「丁寧に評価」を行うことが重要と考えています。

丁寧に、とはどういったことなのかと言いますと、例えば同じ膝の痛みだとしてもオーバーユースによる筋腱の炎症であったり、軟骨や靭帯の問題であったり、はたまた全く別の骨の病気ということもあります。

こういったものを評価することなく、ただ形だけ寄り添って無理にマッサージやテーピングで痛みを誤魔化してスポーツを行わせるのは寄り添っているとは言わないと考えています。


患者さんが自身の身体の状態を理解できるように丁寧に説明を行い、また将来のことも見越して今後の治療法を一緒に考えていくことが大切なのだと思います。





・くり返すスポーツ障害でお困りの方

・お薬や湿布、電気治療や画一的なマッサージなど一方的な治療で、先の見えない状況が不安に感じる方

・とりあえずの施術ではなく、納得して施術を進めていきたい方



以上のような方は当院がお力になれるかもしれません。

どうぞお気軽にご相談ください。


 

長野県長野市南長池761-5

こやま整骨院・整体院



〈このような方におすすめの治療院です〉

・整形外科でお薬だけ出されて治らない方

・整骨院で電気治療しか受けていない方

・マッサージや整体で一時的によくなるも、症状を繰り返している方

・3時間待ちの5分診察で満足出来ていない方


などなど

お身体の不調でお悩みの方はお気軽にご相談ください








閲覧数:4回

最新記事

すべて表示