カッピング療法とは?

この度は長野市こやま整骨院・整体院のブログをご覧頂きありがとうございます。


今回のブログでは、巷の整骨院や鍼灸院で行われている「ドライカッピング療法」について記載します。


ドライカッピング療法イメージ写真

まず、ドライカッピング療法とはカップ内を陰圧にすることで毛細血管を拡張させ赤血球や栄養素の循環を促進させることを目的としている治療法です。


血行改善やむくみ改善、冷え性改善に効果があるとされていますが、その効果はどうなのでしょうか??






肩こりの症例に対しドライカッピング療法を実施した群と、実施しなかった群で肩の痛みや皮下の血行動態が調査した研究があります。

その研究結果によると、ドライカッピング治療直後は肩こりの痛みと血行動態が改善。

しかし、24時間後には効果は消失したと報告されています。



この結果から、ドライカッピング療法は肩こりがある人に対して痛みや血行動態を即時的に改善する可能性があると考えられます。しかし、その効果は長続きしないためいざというときの治療として受けることがよいのかもしれません。




追伸:こやま整骨院・整体院ではドライカッピング療法の取り扱いはありません。ご了承くださいますよう宜しくお願い致します。

 

長野県長野市南長池761-5

こやま整骨院・整体院



〈このような方におすすめの治療院です〉

・整形外科でお薬だけ出されて治らない方

・整骨院で電気治療しか受けていない方

・マッサージや整体で一時的によくなるも、症状を繰り返している方

・3時間待ちの5分診察で満足出来ていない方


などなど

お身体の不調でお悩みの方はお気軽にご相談ください



閲覧数:12回

最新記事

すべて表示