ホームボタンイラスト

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)とは、加齢や機会的な刺激などによって関節軟骨が弾力を失い、摩耗することで生じます。

関節周囲を取り囲む滑膜(かつまく)と呼ばれる組織の炎症を伴うことで症状が出現されるとされています。

​一般的には内側の関節軟骨が変性・摩耗することが多いです。

変形性膝関節症の症状

​☑ 立ち上がりや歩きはじめなどに痛む

☑ 膝の曲げ伸ばしが硬い

☑ 正座や階段昇降が困難

​☑ O脚変形

変形性膝関節症の痛みで膝を押さえる女性写真

変形性膝関節症の原因

高齢になるほど多くなり、とくに50歳代以降で増加し、男女に比べて女性のほうが1.5倍程度多いことがわかっています。

​ヒザの怪我の後遺症として、50歳以前から変形性関節症が発症することもあります。

変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症の初期には、体重管理や膝関節まわりの柔軟性・筋力を改善していきます。

必要に応じて膝関節のサポーターや足のインソールなどを用いることが有用とされています。

当院では、膝関節だけではなく全身の歩行姿勢や動作を評価しアプローチしていきます。​

骨の変形自体は施術では変わりませんが、傷んでいるところを刺激しないようなカラダ作りをしていくことで症状の改善を目指します。

痛みの強い場合には、整形外科で内服や注射治療を併用することで施術効果が高まります。

上記のような保存療法で改善できない場合は、手術が必要な場合があります。

CONTACT

​ご予約・お問い合わせ

お試し体験/通常コースのご予約

​お問い合わせを受け付けています