ホームボタンイラスト
長野市こやま整骨院院長写真

院長紹介

小山  晴樹(Koyama Haruki)

 

長野県長野市生まれ。学生時代は野球部に所属。

運動に携わる仕事がしたいという思いから長野市内のスポーツクラブに就職しました。

そこでは、腰や肩の痛みを持ちながら利用されている方から「この痛みに対してはどの運動をしたほうが良いのか?」と質問されました。

それまでカラダのトレーニングの仕方について指導していましたが、痛みやしびれなどの症状については責任をもって答えられませんでした。

そこで、一念発起し長野市内の柔道整復師養成校に入学し、国家資格である柔道整復師資格を取得。柔道整復師の資格取得後は長野市内のスポーツ整形外科で10年勤務しました。

スポーツ障害だけではなく、手術患者さんや腰痛・肩こりなどの症状に対するリハビリテーションをのべ4万人診させて頂いた経験を活かして、皆様が少しでも健康で豊かな人生を歩めるよう責任をもってお答えします。

丁寧な対応をモットーに長野地域に愛される整骨院を目指します。

​小さなお子様からご年配の方までお困りのことがありましたら是非こやま整骨院へお気軽にご相談ください。

経歴

2012年4月 国家資格 柔道整復師 取得

2012年4月 長野市内スポーツ整形外科クリニックでリハビリテーション科勤務

        後に管理職として施設全体の管理運営を経験

2021年8月 長野市南長池 こやま整骨院 開院

所属歴のある学会

日本肩関節学会、日本整形外科超音波学会​、日本超音波骨軟組織学会

当院のコンセプト

こやま整骨院では、「人生を診ること」を大切にします。

一人ひとりの症状は様々であり、またその人生・生活は多種多様です。

施術を納得して受けて頂くこと、そしてより満足する施術効果を得るためには一人一人に合わせたオーダーメイドの施術を提供する必要があると考えます。

しかし、現在の医療保険リハビリでは施術部位が1部位に限定され、一人にじっくりと時間をかけて施術を提供することは現在の制度上では限界があります。

さらに、医療保険では通院日数に制限が設けられているため、継続した通院を希望されているにも関わらず通院終了を余儀なくされる場合があります。

 

上記のような経験から、こやま整骨院では患者さんの早期改善・早期復帰を第一優先と考え、しっかりと目の前の患者さんに向き合うために完全予約制・自費施術専門としています。

貴重なお時間と対価をいただく分、施術で結果を出せるように​全力で対応させて頂きます。

​ご理解いただければ幸いです。